スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧国立駅舎と駅前広場」(番外編)

2011.02.15.00:53

白井先生の今回の講演会は、くにたち福祉会館4階の大ホールで行なわれました。
当日は、そのホールの三方の壁面に、旧国立駅舎の写真や絵画や、模型などが、
ところ狭しと展示されていました。
また、ホール外の壁面にも油絵が何点も掲げられていました。

IMG_0570.jpg

どうせなら、パプリカで集めたアイデア作品も展示すべきでした。
これは、本当にうまく連携できておらず、失敗でした。
今回のこの展示は、市役所の国立駅周辺まちづくり推進室の職員の方々の力があって、
集まったものと思います。
ありがとうございました。
やれば、もっと集まるのではないかと思います。

IMG_0573.jpg

サインがあって、?島浩と読めます。

IMG_0574.jpg
下の紙には、以下のようなキャプションが添えられておりました。

国立駅と大学通り 残したい国立市のシンボル
 この写真は1989年に撮ったもので、あの美しい駅舎に
覆い被さる様に聳え建つマンション群の姿は見えない。
 そして現在はこの駅舎の存在は市民の心ある人たちに惜し
まれながら消え去り、近隣駅と同じ様な個性のない唯の
高架駅がそこにあるだけで、この三角屋根のない大学通
りは市民の誇りまで奪ってしまった・・・・・・。
 鉄道の駅を始め都市に建つ、さまざまな施設は、風景として
演出された時、はじめて文化の香りを放つものだと思う。

IMG_0575.jpg

桜の向こうの国立駅と同じサインがあり、?島浩さんの作品のようです。
多摩信のギャラリー辺りから撮ったものでしょうか。

IMG_0576.jpg
2006年 国立駅誕生80周年記念の垂れ幕に乗降客も注目、とあります。

IMG_0577.jpg

国立駅 2006・10・8 さよなら三角駅舎
最後の日
撮影/飯島 浩
 三角屋根駅舎の全景を望むことが出来るのは
今日が最後の日だと、市民を始め近隣の人々までが
カメラを向けて易者の映像をしっかり収め、駅舎を
バックに記念写真を撮ったり、又カメラを持たない
人達は自分の脳裏にしっかり焼き付けて置こうと、
しばしの間立ち止まり感慨深そうにジッと見続けて
いた。そして別れを惜しむ人の波は入れ替わり、立ち
替わり今日一日中、遅くまで続くことだろう。
 さようなら三角駅舎、いつの日か又、まみえん。

つづく。
スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

市民会議パプリカ

Author:市民会議パプリカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。