スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月30日講演会「旧国立駅舎と駅前広場」など

2011.01.23.01:27

皆様、ご無沙汰してしまいました。
前回の更新から一ヶ月も経ってしまいました。
改めて、あけましておめでとうございます。

ちょっと遅過ぎです。
今年は、大変寒い日が続いていて、インフルエンザが流行り初めており、
また、去年夏の猛暑の影響で、スギ花粉が、例年になく大量に発生しているようで、
そろそろ飛散時期を迎えております。
皆様、お身体には十分気をつけて下さい。

さて、来る1月30日に国立市文化財保護審議会委員でいらっしゃいます白井 裕泰先生の
国立駅周辺まちづくりに関連する講演会が開催されます。
詳細は、こちらです。

日時:平成23年1月30日(日曜日)午前10時から12時まで
場所:くにたち福祉会館4階大ホール
演題:「旧国立駅舎と駅前広場」

白井先生は、これまでも国立駅舎について講演をされていますが、
徐々に話が深く・広く発展してきております。
今度は、どんな発展があるのか楽しみです。

また、会場では、市報にも載っていた、市民の方の手作りの国立駅舎の1/100なども展示される
予定だそうです。

同時に、国立市の倉庫の中で眠っている、国立駅の旧駅舎の部材が公開されます。
これは、部材の虫干しも兼ねているでしょうか?

そろそろ、元あった場所に戻してあげたいですね。


それから、1月27日には、ようやく、まちづくり会議のまち育て部会の第一回が開かれます。

本当に今が、国立駅周辺そして国立市の正念場です。
苦しい台所かもしれませんが、次代を担う市民とそのための環境を整備するためにも、
国立駅周辺をよりよく整備して行くことが求められています。

何もしなければ、どこにでもある高架駅とその駅前の交通広場ができるだけで、
かつての赤い三角屋根の国立駅舎を復原できなければ、
個性の喪失という意味で大きな国立にとってのマイナスとなります。

何しろ高架駅は、コンクリートの高架橋の下にできるので、没個性的であり、
阿佐ヶ谷・高円寺、西荻窪の各駅の違いが分からずに、間違って降りてしまったという話を、
何度も聞いたような、そんな識別不可能な冷たい駅ができる恐れが大です。

かつての温かな寒桜の植わった土手の路盤から、冷たいコンクリートの無骨な高架橋へ、
これだけでも、国立にとっては大きなマイナスです。
そして、国立駅の主である駅舎の不在。

南北の一体化という当初の連続立体交差の目的は、かなり実現されてきていますが、
これとて、これからの使い方で、その真価が問われることになります。
つまり、本当の意味で、地域がコミュニティとして一体となり、
相互の住民や国立を訪れる人にとって価値を生むものに、
南北のつながりを生かしていかねばなりません。

本当に、この事業が国立にとってプラスになるように、
手を打っていかねばならない状況です。

昨年、パプリカで行なったアイデア募集で印象的だった作品に、
駅前広場を田んぼにしてしまうものがありました。
荒唐無稽に見えるかもしれませんが、この作品には不思議な魅力があって、
国立の将来を感じました。

もちろん、広場として考えれば、田んぼとして固定的に使ってしまうのは、
どうかという議論になってしまうものと思われますが、
広場の中心の円形公園もあり、現に、かつてそこには水禽舎があり、
今でも、忘れ去れた形とはいえ、防火用水という位置づけの池があります。

この池を中心に究極のビオトープでもある田んぼにしてしまう。
なんともゆかいな作品です。

そして、E.ハワードの田園都市(Garden City)の思想に影響を受けた「国立大学町」の、
理想の田園(Garden→箱庭?)として、日本人の心のふるさとであり、
聖なる場所でもある田んぼを配置するなど、
とても洒落ていて、おもしろと思います。

まちづくりに、そのぐらいの、遊びがあってもいいのではないでしょうか。
こんなことを書くと、日本人は必ずしも農耕民族ではなく、北方の騎馬民族がルーツだとか、
弥生人だけでなく、縄文人もいるはずだとか、山人もいるはずだとか、
そういった反論が聞こえてきそうです。

だからでもないですが、広場という自由度は確保したいですね。
あれだけの駅前空間と大通り(ブールバール)が一体となった、空の広さがあるのですから、
何よりも自由な空気というものが貴重です。
そういうもろもろをどうやって調和させるのか、知恵を求められていると思います。

そう言えば、新婚旅行でウィーンに行きましたが、あちこちに、
何々ガルテン(Garten)という公園というのがよいのか、庭園というのがよいのか分かりませんが、
ありました。
ウィーンは、ハプスブルグ家の王宮のある首都(帝都)ですから、
そういう庭園が一杯あったのかと思いますが、国立にも小さいながらも、
一つはあるという風にしたいですね。

円形公園と広場とをどうするのか、色々夢があっていいと思います。
何か、名前の付けられるものでなければならないということではないと思います。

広場についても、色々と書きたいことがありますが、
今日は、この辺で。

(関)
スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

市民会議パプリカ

Author:市民会議パプリカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。